Plan A

true love never runs smooth.
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ピンポンダッシュ*prev
ジビエ >>*next

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | -
20060201_110594.jpg
山形は蔵王にて。


昨年の話になりますが、山形は蔵王に行って参りました。
東北地方に行くのは高校卒業以来だ。
大阪から飛行機にて仙台へ。
仙台到着後、バスに揺られ山形蔵王に向かった。
太平洋に面してるせいか、仙台には雪はちらほらしか残ってなかった。
山形に近づくにつれ、景色が徐々に白くなっていく。
小さい頃からなぜか、雪と海と川の景色が目につくといてもたってもいられなくなる。
雪が木々に積もってる。
まるで浮世絵の世界だ。
窓がくもってきた。
手でくもりを取る。
空が雪国独特の鼠色。
気が付けば外は吹雪。
iPodから“星に願いを”が流れてきた。
んー、最高。
行き交う車はみな山形ナンバー。
ここは東北なんだと改めて実感するんだな。
そんな事を車中で考えてると蔵王に到着した。
バスから降りると、硫黄の香り漂う雪景色。
とりあえず意味もなくまだだれも踏んでない新雪の中を歩く。
歩くたびに握雪音が小さく聞こえる。
んー、雪国。
そりゃワクワクするさ。

泊まってる旅館の近くに赤提灯の下がってる小さな居酒屋があった。
夜、温泉帰りに冷めた体を暖めにちょこっと立ち寄ることに。
外は雪。
山形名物たまこんにゃくをアテに日本酒で乾杯。
んー、最高。
粋だねぇ。
そこはまるで演歌の世界だった。
雪国で呑む、いや雪を片目に呑む日本酒はうまいんだな。
すすむすすむ。
プチ忘年会を最高の形で迎えた僕らは結局閉店まで飲みつづけた。

次の日、野暮用でひとり山形市内に行くことになるのだった・・・。

こんなこと考えとったら、雪を見たくなってきた。
ああきっと今も雪降ってるんだろうな。



今日の一曲
ブラッディー・マリー、気をつけろ!/髭(HiGE)
permalink | comments(1) | trackbacks(0)
permalink | - | -
Comments:
蔵王かー、高校思い出すなぁ。文章読んでて景色が浮かんできた。すごく、うらやましい。つうか、大作はこのブログを始めて、文章力がアップしてきている気がします。やないと、読み手の頭に情景を自然には浮かばせれんもんね。元々できたのかな。どうでもいいかな、そんな事(笑)。長々と失礼いたしました。ではまた。
comment by: マ寿ィー・ウォーターズ | 2006/02/02 7:08 AM
Leave a comment:









TrackBack URL:
http://icebaby2005.jugem.jp/trackback/22
TrackBacks: